合成界面活性剤

Happy&Lucky

合成 界面活性剤 不使用

健康*開運ナビゲーション
TOP>健康情報>合成界面活性剤と経皮毒

2 合成界面活性剤経皮毒

シャンプー、洗剤、歯磨き粉といった様々な日用品に合成界面活性剤が使われています。洗浄成分の他、食品、化粧品の乳化剤、保湿剤としても多数の合成界面活性剤があります。自然派などと言っていても成分表には合成界面活性剤がズラリという物もあります。

合成界面活性剤は簡単に言うと、石油を分解、生成したものに化学物質を加えたり中和したものです。
(石けんの界面活性剤である「脂肪酸ナトリウム」と「脂肪酸カリウム」以外は全て合成界面活性剤です)

この合成界面活性剤が皮膚障害(手あれ、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎、頭皮のかゆみ、ふけ、抜け毛など)や内臓障害を引き起こす重大な一因と考えられています。発ガン性を指摘されているものもあります。

皮膚と特に粘膜(口など)からの吸収率は高く、体内で分解されずに長期間影響を受けます。

パッチテストの結果、アトピーの有力な原因とされてきた家ダニやハウスダストよりも界面活性剤による発症要因が40〜60%と最も高い数値を出したそうです。(十次文子医師のテスト)

日本でもようやく「ラウリル硫酸」などの合成界面活性剤の規制がなされはじめましたが、成分のチェックは必要です。特に洗剤(台所、洗濯)、シャンプー、歯磨き粉は合成界面活性剤不使用ものを選んだ方が良さそうです。

合成界面活性剤不使用のものは、使いにくいことがある(例えば、粉石けんは水に溶けにくい、液状石けんは酸化した油の臭いがすることがある)のが難点でしたが、すぐれものがいくつかありました。ご参考までに、以下は自宅で使用しているものです。


台所洗剤: 太陽油脂 パックスナチュロン キッチンシャボン
シャンプー: サラヤ ARAU(アラウ) コンディショナー要です
ボディーシャンプー: ARAU(アラウ)ベビー 
ハンドソープ: サラヤ ARAU(アラウ)
歯磨き粉: 太陽油脂 パックスソルティ(塩歯磨き)、サラヤ ARAU(ハーブの香り)
洗濯用洗剤:シャボン玉せっけん EM液体洗濯せっけん


当サイトにお越しいただきありがとうございました
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved