女性☆健康 情報

Happy&Lucky

女性 健康 情報

健康*開運ナビゲーション
TOP>健康情報>加工油脂
1 マーガリン、ショートニングは体に良いの?

2 合成界面活性剤の怖さ(経皮毒)

3 布ナプキン(経皮毒を防ぐ)

4 便秘対策

5 冷え


1  加工油脂について(マーガリン、ショートニングは体に良いの?)

マーガリンやショートニングは安価で扱いやすいため様々な食品に使われています。外食産業、ファーストフード、市販のお菓子の油分の多くはこれらの「加工油脂」です。

これらは液状の油を常温でクリーム状にするために「水素を添加した、自然界にはない構造を持つ、加工された油脂」です。

植物性油を主原料とするマーガリンなどは、バターなどの動物性油脂よりも健康に良い様な印象を持たれていましたが、含まれるトランス脂肪酸(加工時にできる副産物)が心臓疾患や、現代病の一因として健康被害をもたらす危険性が指摘されています。

2005年頃から世界的にトランス脂肪酸の表示義務や規制がなされていますが、日本では規制が無いため高い含有量のものが売られています。中には自主的にトランス脂肪酸低減の取り組みをしている所もありますが、業界は奇妙な理由を付けて安全だと言っています。

アリもねずみも食べないマーガリン。日本では危なそうだとわかっても規制がかかるのが遅いのです。

健康エコナは販売中止になりましたね。

ヘルシーさを売りにした油でしたが、健康エコナは食用油を加熱、加水分解して再合成したものだそうで、同じくトランス脂肪酸がたくさん含まれる加工油で危険性が指摘されていました。

体に良い、あるいは必要な油と言えば「エクストラバージンオリーブオイル」や「フラックスオイル(亜麻仁油)」があげられます。

オリーブオイルは手に入りやすので説明は省きますが、亜麻仁油は必須脂肪酸のオメガ3とオメガ6と豊富に含む油です。熱を加えない料理に適しており、家ではドレッシングに使用しています。管理人の夫のコレステロールと血糖値が上がった時に色々と調べ、この亜麻仁油を使い始めました。亜麻仁油と、きのこや海藻を多く取り入れた和食、キトサン、運動などで半年で正常値に戻りました。


当サイトにお越しいただきありがとうございました
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved