微小血管狭心症の症状

微小 血管 狭心症 症状

健康*開運ナビゲーション
TOP>病気の情報>微小血管狭心症
症状
胸の圧迫感、ノドが詰まったような息苦しさ。ノドや背中など色々な場所が痛むことがある。痛みは数分で消えることが多いが、1時間以上続くこともある。
原因
心筋の中を走る細い血管が、異常に収縮することなどによって起こる。更年期障害に伴う女性ホルモンの減少が関与しているといわれている。過労やストレス、睡眠不足が引き金になることも。
治療

狭心症の特効薬であるニトログリセリンが効きにくいが、血圧を下げる「カルシウム拮抗(きっこう)薬」が効くとする調査結果があるとのこと。
女性ホルモンが減る更年期前後に発症することが多いようです。
*大きな血管が詰まるほどではないので、心電図検査などで見つけることが難しく、そのため受診しても「異常なし」「気のせい」と見逃されてきたケースも多いとのこと。
*女性特有の病気の1つと考えられており、女性専用外来などのある医療機関の受診が良いそうです。
前ページ
冷え
後ろページ
肥満
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved