関節リウマチの症状

関節リュウマチ 症状

健康*開運ナビゲーション
TOP病気の情報>関節リュウマチ
関節リウマチ
症状
関節の腫れ。特に手首や手足の指の関節が腫れ、左右対称の腫れが見られることが多い。朝、指などがこわばる。
原因
原因はまだはっきりわかっていないが、免疫システムの異常によるものとされる。遺伝的、環境的要因などが重なって発症するのではないかといわれている。
治療

薬物療法、リハビリ、手術(人工関節、関節の固定)など。現在は初期に強い薬を使って症状を抑えるようになってきているとのこと。

*発症から2年間は最も治療の効果があがるとされています。よく似ている「変形性関節症」は関節を動かすと痛みがあるのに対し、関節リュウマチはじっとしていても痛いのが特徴のようです
*腫れや変形はなく、検査では異常が見つからない場合は繊維筋痛症の可能性も。
前ページ
過眠症
後ろページ
肝臓の疾患
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved