甲状腺機能低下症の症状

甲状腺 機能 低下症 症状

健康*開運ナビゲーション
TOP>病気の情報>甲状腺機能低下症
症状
疲れやすい、寒がり、体重増加、便秘、記憶力や集中力の低下、皮膚の乾燥、むくみ、めまいなど
原因
甲状腺のホルモンが低下したためにおこる。本来は体を守るべきリンパ球が、自分の甲状腺を外敵と見なして攻撃する自己免疫疾患。ウイルスや細菌によるものではなく感染しない。
治療
甲状腺ホルモン剤の投与。根コンブを大量摂取していた場合など、止めるだけで治ることもある。
*高コレステロール血症ほか別の病気と誤診されたり、病気の進行がゆっくりなため老化現象と勘違いして気づかないことが多いとのことです。簡単な血液検査で確認できるそうです。
*甲状腺の機能異常が橋本病(慢性甲状腺炎)(ホルモン減少)とバセドウ(氏)病(ホルモン過多)
*根コンブ等の大量摂取、のどスプレー(ヨード剤)の多用で、本人または赤ちゃんに現れることがあるようです。
前ページ
膠原病
後ろページ
更年期障害
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved