慢性疲労 症候群 治療法

慢性疲労症候群 治療法

健康*開運ナビゲーション
TOP病気の情報>慢性疲労症候群
症状
極度の疲労が長期間(6ヶ月以上)続く。微熱、頭痛、喉の痛み、リンパ節の腫れなど。思考力の低下。睡眠障害。
原因
原因はまだわかっていないが、多くが風邪のような症状の後に悪くなるため、ウィルス感染が考えられている。
治療
免疫機能を高める治療が行われる(漢方等)。精神科の治療を併用すると効果が高い。
*免疫力を高めるのに笑いも効果があるといわれています。
*ムチ打ちの経験があれば脳脊髄液減少症の可能性も。
*体の痛みがあれば
繊維筋痛症の可能性があります。
前ページ
ホルモンの病気
後ろページ
無呼吸症候群
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved