主人在宅ストレス症候群

主人在宅ストレス症候群

健康*開運ナビゲーション
TOP>病気の情報>主人在宅ストレス症候群
症状
イライラ、ストレス、高血圧、胃潰瘍、過敏性腸症候群、気管支ぜんそく、冷や汗、震えなど様々。
原因
夫が定年や脱サラなどでずっと家にいることになり、束縛感を感じて強いストレスが体の弱い部分にでる。夫が高圧的な事が多い。
治療
薬物療法とカウンセリング。夫のカウンセリングも重要(夫は自分の言動が妻の体調不良の原因だという事を認識していない事が多いため)
*黒川内科の黒川順夫医院長(心療内科)が名付けたもので、男尊女卑の考えを持っている世代に多いようです(妻は夫の世話をするのが当たり前、「フロ、メシ、寝る」のような)
*若いうちから夫婦2人で何でも話し合うような関係が予防策になります。
*夫を気にせず、趣味や旅行など一人で外出してストレス発散する事が効果的です。
前ページ
後ろページ
 Copyright (c) 健康*開運ナビゲーションAll Rights Reserved